産経ニュース

ニュース 経済

記事詳細

更新


中国の人工知能技術が、米国を追い抜く日は近い?

世界各国が惜しみなく、人工知能の開発に資金をつぎ込んでいます 世界各国が惜しみなく、人工知能の開発に資金をつぎ込んでいます

 実際、大統領府が2016年の10月に発表した「Preparing for the Future of Artificial Intelligence(人工知能の未来に備えて)」では、国防高等研究計画局(DARPA)で新兵の能力開発に人工知能を活用する事例が紹介されているのです。

「中国の人工知能技術が米国を追い抜く」?

 投資金額について参考になるのは、同じく大統領府が2016年10月に発表した「National Artificial Intelligence Research and Development Strategic Plan(人工知能研究開発戦略計画)」です。民間が率先して取り組めないような時間のかかる領域や公共性が高いテーマなど、官民の住み分けができる研究を列挙した文書であり、いわば国家の戦略的優先事項といえます。

 この文書の中では「2015年の米国政府による投資額は約11億ドル」と書かれています。先ほど1263億ドル程度と推察した政府予算のうち、意外にもほんの1%程度です。とはいえ、このころは人工知能に対してまだ懐疑的な目が向けられていた時期。実際、2016年10月以降、大統領府は人工知能に関する取り組みや法整備、予算に対する注文を相次いで発表しています。

続きを読む

このニュースの写真

  • 中国の人工知能技術が、米国を追い抜く日は近い?
  • 中国の人工知能技術が、米国を追い抜く日は近い?

関連ニュース

「ニュース」のランキング