産経ニュース

ニュース 経済

記事詳細

更新


新年の福袋は「体験型」「インスタ映え」 そごう千葉店

今年話題になった藤井聡太四段にちなんだ将棋ケーキ。加藤一二三・九段との対局をケーキで再現した=5日、千葉市中央区のそごう千葉店(橘川玲奈撮影) 今年話題になった藤井聡太四段にちなんだ将棋ケーキ。加藤一二三・九段との対局をケーキで再現した=5日、千葉市中央区のそごう千葉店(橘川玲奈撮影)

 そごう千葉店(千葉市中央区)で早くも新年の福袋のセールスが始まった。元日から営業し、お菓子作りやエステなどを体験できる福袋や、今年の流行語「インスタ映え」を意識した福袋など、約4万点を用意する。

 千葉市の洋菓子店「パティスリーサチアージュ」は天才棋士、藤井聡太四段の連勝記録にあやかり、将棋盤をかたどった「将棋ケーキ」の福袋を限定3台で抽選販売。値段も連勝記録数にちなみ、税込み2900円。受験生の験担ぎにおすすめだという。

 国際学会に申請中の地質年代名「チバニアン」にちなみ、趣の異なる2種類のコーディネートが楽しめる男性向け福袋「千葉ニアン(2案)」は税込み1万6200円で販売する。

「ニュース」のランキング