産経ニュース

平成30年度税制改正 日本総合研究所・山田久主席研究員「消費増税とセットで行うべきだ」

ニュース 経済

記事詳細

更新


平成30年度税制改正 日本総合研究所・山田久主席研究員「消費増税とセットで行うべきだ」

   

 高所得のサラリーマンが増税となり、自営業やフリーで働く人を減税とする今回の所得税改革は妥当だ。これまで自営業は経営者に性格が近く、いろいろ節税ができたため、会社員は所得税で優遇されてきた。だが働き方が多様になり、個人が在宅で仕事を請け負うなど、自営業の働き方も会社員に近くなっている。

 所得税の見直しは消費税増税とセットで行われるべきだ。消費税率を引き上げると、低所得者ほど税負担感が重くなる逆進性が問題となり、所得税で所得再分配を図る必要がある。将来の消費税増税時に、さらに高所得者の所得税を引き上げれば、勤労意欲を阻害しかねない。今回、所得税だけを見直すことは、全体的な税制の観点に欠ける。

このニュースの写真

  • 平成30年度税制改正 日本総合研究所・山田久主席研究員「消費増税とセットで行うべきだ」

「ニュース」のランキング