産経ニュース

平成30年度税制改正 真壁昭夫・法政大院教授「見直せる項目は他にもあるはず」

ニュース 経済

記事詳細

更新


平成30年度税制改正 真壁昭夫・法政大院教授「見直せる項目は他にもあるはず」

   

 自営業やフリーで働く人を減税とすることは、日本ではまだ少ない起業を税制面で後押しするという意味で、方向性としては基本的に間違っていない。

 しかし、その代わりに高所得のサラリーマンを増税して、税を取れるところから手っ取り早く取ろうというのには問題がある。

 消費税は国民の反発などがあって簡単に引き上げることはできないが、所得税の配偶者控除など、見直せる項目は他にもいろいろあるだろう。

 日本の財政状況は世界的にみても厳しく、高所得のサラリーマンの所得税を見直すだけで対応できるものではない。税制の見直しでは、幅広い選択肢をフレキシブルに検討していくことが重要だ。

このニュースの写真

  • 平成30年度税制改正 真壁昭夫・法政大院教授「見直せる項目は他にもあるはず」

「ニュース」のランキング