産経ニュース

【30年春闘】主要労連の要求方針固まる 底上げ重視で要求は前年と同じ

ニュース 経済

記事詳細

更新

【30年春闘】
主要労連の要求方針固まる 底上げ重視で要求は前年と同じ

平成30年春闘での要求方針を説明する金属労協の高倉明議長(左)=6日、東京都中央区 平成30年春闘での要求方針を説明する金属労協の高倉明議長(左)=6日、東京都中央区

 こうした動きは、安倍晋三首相の経済界に対する「3%賃上げ要請」を強く意識したものだ。首相要請を受け、経営側の春闘方針をまとめる経団連は「3%賃上げの社会的期待を意識した取り組み」を会員企業に呼びかける方針だ。

 首相官邸が主導する賃上げは「官製春闘」と揶揄されるが、連合の神津里季生会長は「首相に言われて賃上げに対応できるのは大企業だけ。追いつけない中小との格差がますます広がる」と懸念を示す。中小企業を含む底上げ型の賃上げを実現できるかが、デフレ脱却に向けた課題となってきた。(平尾孝)

「ニュース」のランキング