産経ニュース

東北電、送電線工事で数値改竄 岩手県の鉄塔6基 健全性に問題なし 

ニュース 経済

記事詳細

更新


東北電、送電線工事で数値改竄 岩手県の鉄塔6基 健全性に問題なし 

 課長は運用開始後の調査で計6基の改竄を見つけ、ようやく支店などに報告。東北電はもともと規定を上回る誤差には一部改修で対応するマニュアルを策定していた。しかし、担当者は基礎工事のやり直しが必要と考え、「工期に大きく影響する」と判断し改竄を示唆したという。6基の主要部材に破損はないが、脚を補助する部材10本にゆがみなどを確認したため、今月2日までに補修した。

 東北電は発覚後、東日本大震災以降に岩手支店管内で新設した198基を調査し、問題はなかった。経産省は他の電力会社にも調査を求めるか検討する。

このニュースの写真

  • 東北電、送電線工事で数値改竄 岩手県の鉄塔6基 健全性に問題なし 
  • 東北電、送電線工事で数値改竄 岩手県の鉄塔6基 健全性に問題なし 

「ニュース」のランキング