産経ニュース

【ワンタップバイのカンタン投資講座】リスク・リターンの性質(2)

ニュース 経済

記事詳細

更新

【ワンタップバイのカンタン投資講座】
リスク・リターンの性質(2)

 投資対象は不確実性をもとにして株価変動の大きさが異なります。したがって、最も安定的なのが先進国の国債であり、新興国の株式が最もリスク・リターンが高いものとなります。ある一つの国の資産、株式でも銘柄によって変動の大きさは変わってきます。

 まず大企業の株価は小規模企業の株価よりも変動は小さくなります。それは不祥事などが起きたときに受ける影響度の違いで、大企業の方がビジネスを多角化していたり、財務面で体力があったりして、影響が小さく安定しているとみられるためです。小規模な会社は経営基盤が不安定な代わりに成長への期待はとても大きく買われることがあります。

 また会社の業績は景気に影響されるのが一般的ですが、例えば食品や日用品などの生活必需品を扱っている会社や電力・ガスなど公益的な業種は景気が良くても悪くてもあまり変わらず消費されるため、安定性が高いとみられます。これらはディフェンシブ(防衛的)銘柄と呼ばれ、株価の変動も相対的に小さめとなります。資金や自己の性格に合った銘柄を探すときに、このような観点で値動きの度合いを考えてみてください。(三好美佐子)

「ニュース」のランキング