産経ニュース

【葬送】元東芝社長、前日本郵政社長・西室泰三氏 30日、東京都千代田区の帝国ホテル

ニュース 経済

記事詳細

更新

【葬送】
元東芝社長、前日本郵政社長・西室泰三氏 30日、東京都千代田区の帝国ホテル

死去した西室泰三氏 死去した西室泰三氏

 白いカーネーションで埋め尽くされた祭壇。そこに掲げられた遺影は柔和な笑みをたたえ、約1700人の献花を静かに見守った。お別れの会では往時の写真15枚も飾られ、縁のある来場者が故人に思いをはせた。

 社長、会長として東芝の経営改革の先頭に立ち、「選択と集中」という旗印のもと大胆な事業再編を断行、社内カンパニー制導入などの改革を進めた。名経営者と評され東芝を退いた後も東京証券取引所会長、日本郵政社長として手腕を発揮した。

 産業革新機構の志賀俊之会長(64)は「会合では、いつもよく通る声で、その場が引き締まる印象だった」と振り返る。

 ただ、その東芝は不祥事が続き、経営再建のまっただ中にある。

 不正会計問題発覚後、社外取締役就任を要請された小林喜光・三菱ケミカルホールディングス会長(71)は「『東芝を救ってくれ』と直接言われてね…。足も悪いのにわざわざ高層階まで来ていただいた」。危機に際し、高齢となっても、つえつき歩いて直談判に赴いた。東芝への愛情は人一倍強かった。

 しかし、ついに東芝の再建を見ないまま世を去った。胸中は無念だったに違いない。10月14日、老衰のため死去。享年81。(柳原一哉)

「ニュース」のランキング