産経ニュース

前社長のパワハラ・セクハラを認定 保育園大手JPホールディングスの第三者委 

ニュース 経済

記事詳細

更新


前社長のパワハラ・セクハラを認定 保育園大手JPホールディングスの第三者委 

 保育園大手JPホールディングス(名古屋市)は17日、外部の弁護士などで構成する第三者委員会が、創業者の山口洋前社長によるパワハラとセクハラを認定したと発表した。

 第三者委の報告書によると、山口氏は社長在任中、会社のフロア全体に響き渡るような怒声を発したり、物を投げつけたりして部下を叱責。社員旅行などでの性的言動も認められた。一方、山口氏に比べ頻度は少ないが、現社長にもパワハラ行為があったとしている。

 会社側は「山口氏が当社の経営に不適格であると相当程度裏付けられた」と指摘。山口氏側の広報担当者は「そのような事実はない」と主張している。

 同社は山口氏の要求で22日に臨時株主総会を開く。山口氏は株主提案で取締役1人の退任などを求めており、会社側は拒否している。

「ニュース」のランキング