産経ニュース

ニュース 経済

記事詳細

更新


東証1年半ぶり6日続落 海外勢売り、351円安

 15日の東京株式市場は前日の米国株安が重荷となり、日経平均株価は約1年半ぶりに6営業日続けて下落した。終値は前日比351円69銭安の2万2028円32銭で、10月31日以来約2週間ぶりの安値を付けた。今月上旬までの急激な上げ相場を主導した海外の投資家が利益を確定させる売りに転じ、強気だった市場心理が変調した。

 平均株価は企業業績の拡大などを支えに、10月に過去最長の16営業日続伸を記録。今月7日には終値としてバブル経済崩壊後の最高値を超え、一時は取引時間中に2万3000円台を回復した。

 だが、15日は「短期間の巨額取引で値上がり益を狙ってきた海外のヘッジファンドが十分なもうけを確保したと判断し、盛んに売った」(大手証券)との声があった。6営業日続落は昨年4月25日~5月6日以来だ。

 米税制改革の実現への懐疑的な見方を映し、14日の米ダウ工業株30種平均が反落したことが15日の東京市場で売り要因となった。

「ニュース」のランキング