産経ニュース

ニュース 経済

記事詳細

更新


大塚製薬のデジタル錠剤が承認 センサーで服薬状況を記録

大塚製薬の公式サイト 大塚製薬の公式サイト

 大塚製薬は11月14日、錠剤にセンサーを組み込んだ医薬品「エビリファイ マイサイト」が米食品医薬品局(FDA)に承認されたと発表した。患者の服薬状況や活動状況などのデータを記録できるため、医療従事者や家族はより適切な治療計画の立案が可能になるという。

 成人の統合失調症やうつ病の治療薬「エビリファイ」に極小のセンサーを組み込んでいて、患者が錠剤を飲み込むと、センサーが胃液に反応して信号を発する。患者の体に貼り付けた検出器「マイサイト パッチ」が信号を受信し、データをスマートフォン用のアプリに転送する仕組みだ。

 従来の精神疾患治療では患者の服薬状況の管理が困難な点が課題とされていたが、こうした点を解決できるとしている。

 センサーは一定期間が経過すると排せつされるため、人体に害をもたらす危険性はないという。センサーと検出器は、大塚製薬と製薬・医療機器ベンチャーの米Proteus Digital Healthが共同開発した。

 両社は今後、米国で少数の患者の治療に導入し、フィードバックを得ながら展開していく方針だ。

このニュースの写真

  • 大塚製薬のデジタル錠剤が承認 センサーで服薬状況を記録

関連ニュース

「ニュース」のランキング