産経ニュース

ACCESSとジャパンギャランティサービス、建設業界向けサイネージの開発・提供において協業

ニュース 経済

記事詳細

更新


ACCESSとジャパンギャランティサービス、建設業界向けサイネージの開発・提供において協業

ACCESS
-「建設SIGNESS(TM)」を全国でレンタル開始-

株式会社ACCESS(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:兼子 孝夫、以下ACCESS)と、ジャパンギャランティサービス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:小山 啓二、以下JGS)は、ACCESSの「SIGNESS(R)(サイネス)」をベースとしたサイネージサービスに、JGSが新たに開発した屋外用の自立型大型ディスプレイ「J‐Vision」を組み合わせた建設業界向けサイネージソリューションを共同で企画・開発し、「建設SIGNESS(TM)(ケンセツサイネス)」として、11月15日より、提供開始いたします。JGSは、本ソリューションの販売代理店として、主に建設会社を対象にレンタルをしていきます。

「建設SIGNESS」は、豊富な市場実績を誇るACCESSのクラウド型サイネージサービス「SIGNESS」に、建設現場の防災対策を強化する、緊急地震速報や熱中症情報などの「防災コンテンツ発信」サービス、JGSの自立型ディスプレイ「J‐Vision」と、ソフトウェア×コンテンツ×ハードウェアがセットとなったオールインワンのサイネージソリューションです。複雑な設定作業などは不要、導入したその日から利用開始することができます。

屋外用の自立型ディスプレイは、視認性を重視した高輝度2500cdの46インチ液晶パネルに、IP65相当の防塵・防水性能を備えたケーシングが一体化された製品です。設置環境温度は-20℃~40℃とあらゆる場面で活用できます。本ディスプレイには、「オーサリング機能」、「管理機能」、「コンテンツ配信機能」などは全てクラウド上で管理されたサイネージサービス(ASP)も実装済みですので、ユーザー企業は、ネット接続環境さえあれば、本格的なサイネージサービスを、迅速に、容易に、低コストで利用開始することができます。

「建設SIGNESS」により、朝礼時に使用する現場配置図やスケジュールなど資料制作に掛かる時間を大幅に短縮、現場の業務効率が一段と向上します。複数のディスプレイへの同時配信により、多元朝礼も可能になります。気象庁の発報する各種情報との連携により、緊急地震速報や熱中症情報のリアルタイム表示ができますので、現場で働く人の安全強化にも貢献します。また、「J‐Vision」を工事現場の仮囲いに設置すれば、作業工程や完成図などの表示ができ、近隣の住民や通行人へ向けた広報活動にも役立ちます。

ACCESSとJGSは、建設現場のIT化を促進する「建設SIGNESS」により、建設業界の働き方改革を支援してまいります。

●建設SIGNESSの活用シーン(イメージ図)
[画像1: https://prtimes.jp/i/11476/134/resize/d11476-134-948156-0.jpg ]

●「SIGNESS」および「防災コンテンツ発信」サービスについて
「SIGNESS」は、ユーザーの直感的な使いやすさを追求し、わずか6つのステップでコンテンツ制作から配信までを実現する、クラウド型サイネージサービス(ASP)です。端末とネット接続環境さえあれば、高度なITスキルや専門知識がなくても、すぐにデジタルサイネージを開始できます。すべての機能をインターネット経由のクラウド上で利用できるため、リアルタイムな情報発信や複数拠点への同時配信を必要とする業界のニーズに応えます。既に、大手建設会社をはじめ建設現場に採用されています。

<建設現場でのコンテンツ表示例>
[画像2: https://prtimes.jp/i/11476/134/resize/d11476-134-668592-1.jpg ]

詳細は、https://jp.access-company.com/products/cloud/SIGNESS/をご覧ください。

●自立型液晶ディスプレイ「J-Vision」について
「J-Vision」は、ユーザーの声を反映し、IP65相当の防塵・防水機能を備えたケーシングを一体化した設計で、液晶パネルは、屋外使用時の直射日光で液晶表面が高温になり画面の一部が黒く変色する現象を防ぐため、耐熱液晶パネルを採用しました。
さらに、内部には冷却システムを搭載し、機械部の熱暴走を防止する設計になっております。「建設SIGNESS」をセットでご利用頂くための専用アプリをインストールしたセットトップボックス(STB)と、STBには携帯電話網からインターネットにアクセスできる通信モジュールも搭載しております。

<J-Visionの外観>
[画像3: https://prtimes.jp/i/11476/134/resize/d11476-134-291412-2.jpg ]

詳細は、ジャパンギャランティサービス株式会社にお問い合わせください。

■株式会社ACCESS
ACCESS(東証マザーズ:4813)は、1984年の設立以来、独立系ソフトウェア企業として、世界中の通信、家電、自動車、放送、出版、エネルギーインフラ業界向けに、モバイル並びにネットワークソフトウェア技術を核とした先進のITソリューションを提供しています。累計搭載実績15億台を超えるモバイルソフトウェアおよび300社以上の通信機器メーカーへの採用実績を誇るネットワークソフトウェアにおける開発力・ノウハウを活かし、現在、組込とクラウド技術を融合したIoTソリューションの開発・事業化に注力しています。アジア、米国、ヨーロッパ地域の子会社を拠点に国際展開も推進しています。
http://jp.access-company.com/
[画像4: https://prtimes.jp/i/11476/134/resize/d11476-134-759221-4.jpg ]

■ジャパンギャランティサービス株式会社
ジャパンギャランティサービス株式会社は、IT機器レンタルのソリューションプロバイダとして、進化の最先端に立ち、お客様のニーズや、抱えている課題を解決するためのプランニングを行い、より最適なソリューションを生み出していくことを事業目的としています。
IT機器は、デジタル化やネットやパソコンとの融合など、常に進化しています。レンタルによる効率化と万全のサポート体制、オフィス環境に最新のITソリューションを提案します。
http://www.jgskk.co.jp/
[画像5: https://prtimes.jp/i/11476/134/resize/d11476-134-151828-3.jpg ]

※ACCESS、ACCESSロゴ、SIGNESS、SIGNESSロゴは、日本国、米国、およびその他の国における株式会社ACCESSの登録商標または商標です。※その他、文中に記載されている会社名および商品名は、各社の登録商標または商標です。

「ニュース」のランキング