産経ニュース

ソフトバンクの米ウーバー出資 ライドシェア有望、自動運転普及見据え5社目

ニュース 経済

記事詳細

更新


ソフトバンクの米ウーバー出資 ライドシェア有望、自動運転普及見据え5社目

米ニューヨーク市で開かれたイベントで話すソフトバンクの孫正義社長=9月20日、米ニューヨーク州(ロイター) 米ニューヨーク市で開かれたイベントで話すソフトバンクの孫正義社長=9月20日、米ニューヨーク州(ロイター)

 孫社長は「自動運転がやってくれば、ライドシェアというビジネスが、より重要性を増してくると考えている」と強調。今後の規制緩和や自動運転が普及する将来も見据えている。

 一方で、ソフトバンクはファンドの資金を活用してライドシェア企業だけでなく、衛星通信企業やロボット、医療などあらゆる企業への出資を決めている。「各分野でナンバーワンの企業を続々と傘下に入れている。これが大きくグループの発展に寄与する」と孫社長は説明。世界中の起業家集団を結集させる「群戦略」をソフトバンクグループの組織拡大の柱と位置付けている。

「ニュース」のランキング