産経ニュース

自腹切っても「楽しいから」……アキバで“流通”する仮想通貨「モナコイン」の謎

ニュース 経済

記事詳細

更新


自腹切っても「楽しいから」……アキバで“流通”する仮想通貨「モナコイン」の謎

モナコインの価格チャート(Zaif Exchangeより) モナコインの価格チャート(Zaif Exchangeより)

 なぜ、自腹を切ってそこまでするのか。「モナコインで仲間ができて楽しい」ことが1つの理由だ。それ以上に、「モナコインを世界に普及させたい」と本気で夢見ており、普及活動の一環としてコインを配ってきたという。

 2013年にビットコインを知り「衝撃を受けた」。「通貨は国家が発行するもの」という常識を覆し、運営主体がなく、P2Pで動く新たな通貨に「大きな魅力を感じた」という。

 モナコインもビットコイン同様、P2P型の仮想通貨だ。「秋葉原の広告もモナコイン神社も、政府や大企業ではなく、1人1人の個人が参加してうまくいっている。すばらしいと思う。モナコインがビットコインに匹敵するような大きな存在になってほしい」(そばちょくさん)

 自前のPCでビットコインやモナコインのマイニングを行ってきた。ビットコインは売ることもあるが、モナコインは値上がりしても売らないつもりだ。「売ったら寂しいじゃないですか」

モナコインの魅力とは

 そばちょくさんがコインを配った日、秋葉原UDX前には100人以上のモナコイナーが集まった。「モナコインクッキー」や「モナコインのロゴ入りポーチ」を配る人も。ネット上でモナコインを投げ銭するように、お互いに物を贈り合ったり、感謝を示し合っていた。

 福岡からわざわざ来たという女性(34)は、最近、堀江貴文さんの発言でモナコインを知り、興味を持ったと話す。「ビットコインは知っていたが、日本発の仮想通貨もあると知り、愛着がわきそうだなと。Ask monaのやりとりを見て『モナコインの投げ合いが楽しそう』と感じた」。

続きを読む

このニュースの写真

  • 自腹切っても「楽しいから」……アキバで“流通”する仮想通貨「モナコイン」の謎
  • 自腹切っても「楽しいから」……アキバで“流通”する仮想通貨「モナコイン」の謎
  • 自腹切っても「楽しいから」……アキバで“流通”する仮想通貨「モナコイン」の謎
  • 自腹切っても「楽しいから」……アキバで“流通”する仮想通貨「モナコイン」の謎
  • 自腹切っても「楽しいから」……アキバで“流通”する仮想通貨「モナコイン」の謎
  • 自腹切っても「楽しいから」……アキバで“流通”する仮想通貨「モナコイン」の謎
  • 自腹切っても「楽しいから」……アキバで“流通”する仮想通貨「モナコイン」の謎
  • 自腹切っても「楽しいから」……アキバで“流通”する仮想通貨「モナコイン」の謎
  • 自腹切っても「楽しいから」……アキバで“流通”する仮想通貨「モナコイン」の謎
  • 自腹切っても「楽しいから」……アキバで“流通”する仮想通貨「モナコイン」の謎

関連ニュース

「ニュース」のランキング