産経ニュース

【モノづくり激震 不正の構図(上)】神鋼、企業統治機能せず 誤った自信で常態化

ニュース 経済

記事詳細

更新

【モノづくり激震 不正の構図(上)】
神鋼、企業統治機能せず 誤った自信で常態化

神戸製鋼所の大安工場(三重県いなべ市) 神戸製鋼所の大安工場(三重県いなべ市)

 自動車や航空機用のアルミ部品を手がける神戸製鋼所の大安工場(三重県いなべ市)。その一角では、ベテラン社員がヤスリやブラシを巧みに使って砂型(砂で作った鋳型)を製作していた。そこに溶かしたアルミを流し込み、冷やして固めれば鋳造部品ができ上がる。砂型は極めて精巧で、1つ作るのに3カ月以上かかることもある。まさに職人の世界だ。

 「他社には作れない製品も多い」。アルミ・銅部門の幹部は技術力を誇る。

 だが、不正はこの自慢の工場を含むアルミ・銅部門を中心に繰り返されたほか、鉄粉や銅管でも見つかり、問題製品の出荷先は525社に及んだ。

 「ウチは自動化されていて不正の余地がない。神戸さんは違うのだろうか」。アルミの競合メーカー、UACJの社員は首をかしげる。

 神戸製鋼の不正発覚を受け、UACJの岡田満社長は当初11月に予定していた社内点検の1カ月前倒しを指示。問題は見つからなかったという。

 工場から出荷される製品には、性能が契約を満たしていることを証明する「検査成績書」が添えられる。比較的新しい工場であれば、検査装置で収集したデータが自動でコンピューターへ送られ、検査成績書が作られる。

続きを読む

このニュースの写真

  • 神鋼、企業統治機能せず 誤った自信で常態化
  • 神鋼、企業統治機能せず 誤った自信で常態化

「ニュース」のランキング