産経ニュース

【神戸製鋼データ改竄】企業風土改善を掲げるだけ…信頼回復の道のりは遠い ガバナンスは不全状態

ニュース 経済

記事詳細

更新

【神戸製鋼データ改竄】
企業風土改善を掲げるだけ…信頼回復の道のりは遠い ガバナンスは不全状態

データ改ざんの原因結果を発表する前に改めて謝罪する神戸製鋼所の川崎博也会長兼社長=10日午後、東京都千代田区(宮川浩和撮影) データ改ざんの原因結果を発表する前に改めて謝罪する神戸製鋼所の川崎博也会長兼社長=10日午後、東京都千代田区(宮川浩和撮影)

 神戸製鋼所はデータ改竄(かいざん)問題に対する原因究明と再発防止策を10日に公表したが、信頼回復の道のりは遠い。国内外の多くの拠点で不正が常態化していた事実を再確認する一方、防止策としては企業風土改善を掲げるだけ。今回の不正以前にも、昨年発覚したグループ会社の日本工業規格(JIS)違反など不祥事が相次いでおり、現経営陣のコーポレートガバナンス(企業統治)は不全状態だ。

 「経営体制を事業部門制にし、部門での収益重視の閉鎖的な組織風土が生じていた」。川崎博也会長兼社長は10日の記者会見で、問題の背景を説明した。

 データ改竄の原因としては、関係者も「各部門、各工場がそれぞれ“城”のように独立し、それぞれの価値観で判断していた」と明かす。部門の仲間内意識の強まりが、データ改竄という不正を日常的なものにしていた格好だ。

 原因究明の核心は不正が始まった時期や役員の認識の有無だ。川崎氏は弁護士で構成する「外部調査委員会の調査が続いている。これを待って報告したい」と、説明を避け続けた。

続きを読む

このニュースの写真

  • 企業風土改善を掲げるだけ…信頼回復の道のりは遠い ガバナンスは不全状態

「ニュース」のランキング