産経ニュース

2018年には、350店舗を目指す 買取専門店「大吉」、店舗数250店を突破

ニュース 経済

記事詳細

更新


2018年には、350店舗を目指す 買取専門店「大吉」、店舗数250店を突破

株式会社エンパワー
250店舗達成の主な要因は、7年間で97%の店舗継続率

ブランド品などの買取を手掛ける買取専門店「大吉」(以下「大吉」)を全国展開する株式会社エンパワー(代表取締役社長:増井 俊介 本社:東京都新宿区、以下エンパワー)は、2017年11月3日(金)に『大吉・いこらもーる泉佐野店』(大阪府)を開店します。これにより、「大吉」の店舗数は、日本全国で250店舗(直営店23店舗、フランチャイズ加盟店227店舗)となります。
「大吉」は、今後さらに出店を加速させ、2018年には350店舗達成を目標に、中古ブランド業界日本一の店舗数を目指します。

【買取専門店「大吉」の店舗数推移(2012年~2017年11月3日)】

[画像1: https://prtimes.jp/i/29604/1/resize/d29604-1-226111-0.jpg ]

■250店舗達成の主な要因
「大吉」は7年間で出店店舗数257店舗のうち撤退したのは7店舗のみと97%という高い店舗継続率を誇っています。また、フランチャイズ加盟店の店舗継続率※1においても92%と高い継続率を維持しており、フランチャイズ加盟店を撤退させない仕組みを作ることで、毎年順調に店舗数を拡大してきました。

■「大吉」のフランチャイズ加盟店に対する3大サポート
「大吉」は店舗の撤退を防ぐ仕組みとして、3つのサポートを展開しています。
1つ目の仕組みは、1年間エンパワーの正社員が店舗運営のプロフェッショナルであるスーパーバイザーとして常駐することです。スーパーバイザーが1年間店舗に常駐し、フランチャイズオーナーに対してOJT※2で店舗運営のノウハウを指導します。
2つ目の仕組みは、開店初年度の赤字全額補填です。開店から1年間、店舗運営に赤字が生じた場合に、本部が全額赤字分を負担します。
3つ目の仕組みは、年収500万の収入保障です。開店から一年間、フランチャイズオーナーに対して、年収500万の収入保障をします。
この3つのサポートにより、フランチャイズオーナーは店舗運営に不安を抱える事無く、1年間店舗運営を軌道に乗せる準備ができるため、店舗を撤退することが少なく、「大吉」は店舗数を拡大してきました。
今後も「大吉」は、フランチャイズ加盟店に対してサポート体制を展開していき、2018年には350店舗達成を目標に、中古ブランド業界日本一の店舗数を目指していきます。

※1撤退した7店舗に加え、店舗運営をフランチャイズ加盟店から直営店へ切り替えた14店舗を含めて算出したもの。
※2 OJT(On-the-Job Training)とは、職場での実務を通じて行う従業員の教育訓練のこと。

【新店舗情報】
■店舗名:『大吉・いこらもーる泉佐野店』
■オープン日:11月3日(金)
■住所:大阪府泉佐野市下瓦屋2丁目2-77 いこらもーる泉佐野店2階

【開店予定の店舗 7カ所】
「大吉」は下記7店舗の開店を予定しております。

[画像2: https://prtimes.jp/i/29604/1/resize/d29604-1-248587-1.jpg ]

【買取専門店「大吉」について】
買取専門店「大吉」は一般ユーザーを対象にしたリユース品の買取専門店です。貴金属やブランド品を中心に、時計や切手、古銭、骨董品、商品券、携帯電話やカメラ、その他電化製品に対応しています。大型家具以外は、ほぼ何でも買い取るという取扱品目の幅広さが「大吉」の特徴です。小売は行わず、文字通り一般ユーザーからの買取に特化しています。44都道府県で250店舗を展開し、中古ブランド業界2位の店舗数に成長しています。

[画像3: https://prtimes.jp/i/29604/1/resize/d29604-1-598997-2.jpg ]

【株式会社エンパワーについて】
会社名:株式会社エンパワー
本社所在地:東京都新宿区西新宿6丁目12-1 パークウェスト7階
代表取締役社長:増井 俊介
詳しくは株式会社エンパワーのウェブサイト(http://www.en-power.jp)まで

[画像4: https://prtimes.jp/i/29604/1/resize/d29604-1-145249-3.jpg ]

「ニュース」のランキング