産経ニュース

【神戸製鋼所会見詳報】(2完) 自主点検で不正発見は「慰め」

ニュース 経済

記事詳細

更新

【神戸製鋼所会見詳報】
(2完) 自主点検で不正発見は「慰め」

会見に臨む神戸製鋼所の川崎博也社長=26日午後、東京都千代田区 (川口良介撮影) 会見に臨む神戸製鋼所の川崎博也社長=26日午後、東京都千代田区 (川口良介撮影)

前のニュース

 --不正が見つかった製品の出荷先525社のうち、海外企業の数は

 勝川四志彦常務執行役員「百数十社とみられる。安全性確認がまだできていない残る88社のうち、海外企業は26社だ」

 --「お客さまが当面の問題はないと判断した」というケースが91件ある。安全確認はさらに進めるのか

 川崎博也会長兼社長「『当座の問題はない』ということであり、最終的には『安全性を確認済』、またはそれに近付くまで確認を進める」

 --調査が済まなくては、外部調査委員会も報告できないのでは

 山本浩司常務執行役員「場合によっては未確認のケースが残るかもしれないが、引き続き全力で調査を進める」

 川崎氏「最大限の努力を行うというスタンスは変わらない、可能な限り早く、安全宣言できるよう努める」

 --目標は年内か

 川崎氏「可能な限り、最大限努力する」

続きを読む

このニュースの写真

  • (2完) 自主点検で不正発見は「慰め」

関連トピックス

「ニュース」のランキング