産経ニュース

【東芝臨時株主総会詳報】(3)「神戸製鋼からの購入1600品種」「現時点で安全性の問題はない」

ニュース 経済

記事詳細

更新

【東芝臨時株主総会詳報】
(3)「神戸製鋼からの購入1600品種」「現時点で安全性の問題はない」

東芝臨時株主総会の会場入口で荷物検査を行う関係者ら=24日午前、千葉市美浜区 (川口良介撮影) 東芝臨時株主総会の会場入口で荷物検査を行う関係者ら=24日午前、千葉市美浜区 (川口良介撮影)

 株主「再発防止策で内部管理体制の強化を説明されたが、問題はプロジェクト費用、納期管理がきちっとできておらず、プロジェクトマネジメント的に弱さがあったのではないか」

 前川治専務「ご指摘の通り、未実現のコストダウンなどもあった。プロジェクト審査部を2年前に設立して、スクリーニングを行い、重要プロジェクトをピックアップして総原価や工事進行基準の妥当性を審査している。現在はきちんとモニタリングするようになり、プロジェクト管理は大きく改善されている。今後もそういった観点からプロジェクト審査を継続する」

 株主「米原発子会社の損失は2011年9月頃には数値的にも分かっていたのではないか。私はそういう仕事をしていたから分かる。隠していたのではないか」

 畠沢常務「11年9月という話があったが、この時期は、9・11のテロの対応で原発の設計が見直されるタイミングで、福島第一原発の事故対応も設計に反映することをやっていた時期だ。設計や見積もりコストの見直し、工程の延長が見込まれるので、それらについて顧客と交渉して長引いていた。私どもとしては適切な対応評価をやって、その都度監査人の評価を得てきた」

続きを読む

このニュースの写真

  • (3)「神戸製鋼からの購入1600品種」「現時点で安全性の問題はない」

関連トピックス

「ニュース」のランキング