産経ニュース

【神戸製鋼データ改竄】石井啓一国交相が神戸製鋼への立ち入り検査を公表 船舶にもアルミ部品

ニュース 経済

記事詳細

更新

【神戸製鋼データ改竄】
石井啓一国交相が神戸製鋼への立ち入り検査を公表 船舶にもアルミ部品

 神戸製鋼所の性能データ改竄(かいざん)問題で、石井啓一国土交通相は24日の閣議後会見で、国交省が大安工場(三重県)への立ち入り検査を25日まで実施すると公表した。船舶のエンジンや配管部分に同社のアルミ部品が使われていたことも明らかにした。

 石井氏は、大安工場への立ち入り検査について、同社のアルミ製品が使われている三菱重工業が開発中の国産初のジェット旅客機MRJ(三菱リージョナルジェット)の製造国責任を理由に挙げ、(1)データの正確性の検証(2)他に不正がないかの確認(3)原因と再発防止に向けた検討状況の把握-などを行うとした。

 船舶に使われたアルミ部品については、造船所やメーカーから「安全性に問題ないとの報告を受けた」とする一方、新たに不正が明らかになった銅合金製品が船舶の熱交換機に使われている可能性もあり、「国内メーカー8社に調査を指示した」と述べた。

「ニュース」のランキング