産経ニュース

【神戸製鋼データ改竄】不正の工場以外でもJIS認証機関の審査検討を指示 世耕経産相

ニュース 経済

記事詳細

更新

【神戸製鋼データ改竄】
不正の工場以外でもJIS認証機関の審査検討を指示 世耕経産相

 世耕弘成経済産業相は24日、神戸製鋼所で国が定める日本工業規格(JIS)の法令違反に相当すると認められる銅管製品のデータ改竄(かいざん)があった問題で、JIS認証機関に対し、不正があった子会社「コベルコマテリアル銅管」の秦野工場(神奈川県秦野市)以外でも審査を検討するよう指示したことを明らかにした。

 秦野工場には今月19、20両日に認証機関が審査に入り検証作業を進めている。審査の結果、規格を満たしていなければ認証が取り消される可能性がある。世耕氏は「再審査の結果をまず注視したい」と指摘。また、「同社を担当する認証機関に対し、同社の他工場への再審査を検討するよう指示した」と説明した。 

 経産省によるとJIS認証を受けた神戸製鋼の工場は20カ所あり、「日本品質保証機構」と「日本検査キューエイ」という2つの認証機関が担当している。

 また世耕氏は、神戸製鋼に対し「安全検証を最優先して進めるとともに、外部調査委員会を速やかに立ち上げ、事実調査と原因究明を行い、再発防止を徹底するよう求める」と述べた。

「ニュース」のランキング