産経ニュース

ニュース 経済

記事詳細

更新


「在宅勤務の導入状況と意識調査」アンケート結果発表

エイネット株式会社
在宅勤務についてのビジネスパーソンの意識か明らかになりました

エイネット株式会社(東京都千代田区神田佐久間町3-23 スタウトビル3F 代表取締役 西畑博功)は「在宅勤務の導入状況と意識調査」のアンケート調査結果を2017年10月19日より公開いたします。

[画像: https://prtimes.jp/i/21658/4/resize/d21658-4-906736-0.jpg ]

「働き方改革」が叫ばれて久しいですが、その内実は長時間労働の是正に重きが置かれているのが現状です。
一方、柔軟で効率の良い働き方を実現する手段の一つとして「在宅勤務」が注目を集め、導入を検討する企業も増えてきました。

そこで、本アンケートは東京23区内に勤務するビジネスパーソンを対象に、ご自身が勤務する会社での「在宅勤務」の導入状況と、「在宅勤務」に対しどのように感じているか意識調査を図ることを目的に実施しました。
調査の結果は、「在宅勤務を全社及び一部の部門で導入している」とする回答は未だ35.3%に過ぎませんでしたが、一方で「在宅勤務は有効」だと考える人が65.7%に達しました。

「在宅勤務は有効」だと回答した人の中で、「在宅勤務が有効だと考える理由」として7割もの人が「会社に行かなくても同様の仕事が可能だから」と回答し、約半数が「集中して仕事ができるから」と答えています。

ただ、「在宅勤務で不安なこと」に対する回答では、約6割の人が在宅勤務による勤務評価に対し不安を抱えている実態も明らかとなりました。
これらの結果を見てもビジネスパーソンは在宅勤務を望み、社内での業務は自宅でも代替可能だと考えています。

子育てや親の介護をしながら働くことが当たり前になっており、優秀な人材を引き留めるためにも、企業には、柔軟な働き方を認め効率的な働き方を図ることが求められています。
その有効な手段として、在宅勤務という勤務形態は欠かせないものになってくるのかもしれません。

属性や各質問に対する詳細なアンケート結果は下記からダウンロードください。

https://www.freshvoice.net/contact/download_research01.php

なお、当アンケートの内容を記事等で引用いただくことは問題ありません。
その際には、下記、お問い合わせ先にメールか電話でご一報いただければ幸いです。

■エイネットについて
エイネット株式会社の「FreshVioce」は、国内のテレビ会議/WEB会議システム出荷数で、11年連続(2005年~2015年オンプレミスタイプ)No.1を記録しています。(富士キメラ総研調べ)
国際標準のテレビ会議/WEB会議システム開発・販売から、セキュアな業務ネットワーク構築・運用まで、企業経営に貢献するICT活用をトータルでサポートしています。
会社名 : エイネット株式会社(エイネットカブシキガイシャ)
設立 : 1997年7月
資本金 : 10610万円
代表者 : 代表取締役 西畑博功
所在地 : 〒102-0071 東京都千代田区神田佐久間町3-23 スタウトビル3F
電話番号 : 03-3862-5402
FAX番号 : 03-5822-2039
e-mail : freshvoice@anets.co.jp
事業内容:
インターネットテレビ会議/電話に関するアプリケーションパッケージの開発・販売
インターネットテレビ電話コミュニティーサイトの構築・運営
ネットワーク構築、コンサルティング

「ニュース」のランキング