産経ニュース

【神戸製鋼データ改竄】トヨタがアルミ板で安全確認を発表 日産、ホンダ、マツダも

ニュース 経済

記事詳細

更新

【神戸製鋼データ改竄】
トヨタがアルミ板で安全確認を発表 日産、ホンダ、マツダも

神戸製鋼所の東京本社(ロイター) 神戸製鋼所の東京本社(ロイター)

 神戸製鋼所の性能データ改竄(かいざん)問題で、トヨタ自動車と日産自動車、ホンダ、マツダの自動車大手は19日、問題のアルミ板を採用した車両の安全性に影響はないことを確認したと発表した。ただ、鉄や銅製品は調査を続けているものもあり、最終的な「安全宣言」には時間がかかりそうだ。

 トヨタなどは車のボンネットやドアに問題のアルミを採用。トヨタは神戸製鋼から過去3年分のデータを入手して社内基準や関連法規と照合し、「安全性や耐久性に問題がないことを確かめた」という。

 ただ、改竄された製品は、ボルトやナットなど部品にも及ぶ。日産は、神戸製鋼から直接納入された鋼線や特殊鋼に規格外製品が含まれていないことを確認。取引先経由で納入した部材は調査を続ける。

 SUBARU(スバル)など、他の自動車メーカーも確認を急いでいる。

「ニュース」のランキング