産経ニュース

【神戸製鋼データ改竄】「巨額負担も」 米集団訴訟の懸念 司法省が資料提出要求

ニュース 経済

記事詳細

更新

【神戸製鋼データ改竄】
「巨額負担も」 米集団訴訟の懸念 司法省が資料提出要求

神戸製鋼所東京本社=東京都品川区 神戸製鋼所東京本社=東京都品川区

 過去に自動車で問題が起きた事例では、対象車の所有者を巻き込んだ集団訴訟に発展したことも多い。訴訟当事者が桁違いに増えることも珍しくなく、問題解決のための和解金が数百億円規模となることもある。

 最近では、タカタ製の欠陥エアバッグをめぐる集団訴訟で、ホンダが和解金6億500万ドル(約677億円)の支払いに応じた。トヨタ自動車も米国で意図しない急加速が起きた問題で、訴訟関連費用なども含め11億ドル(1232億円)の和解金を支払った。

 一方、現在の調査については「各社ともにリコール(回収・無償修理)実施にはならないだろう」(自動車メーカー幹部)との声もある。JR東海や三菱重工業は安全性に問題がないと確認している。

 神戸製鋼は現時点で改竄問題による業績への影響は不明としている。しかし集団訴訟が起こされた場合には、極めて厳しい状況に陥る可能性もある。

「ニュース」のランキング