産経ニュース

【神戸製鋼データ改竄】東京メトロ東西線と千代田線の一部車両に問題アルミ使用の可能性

ニュース 経済

記事詳細

更新

【神戸製鋼データ改竄】
東京メトロ東西線と千代田線の一部車両に問題アルミ使用の可能性

 神戸製鋼所がアルミ製品の性能データを改竄(かいざん)していた問題で、東京地下鉄(東京メトロ)東西線と千代田線の車両の一部で問題のアルミが使われている可能性があることが17日、分かった。同社によると、基準よりも厚みがあるため、安全性に問題はないという。

 使用可能性のある車両は東西線「15000系」車両3編成と千代田線「16000系」車両12編成。東京メトロが車両を発注した日立製作所が、神戸製鋼から問題のアルミ製品を納入していた。実際に問題のアルミ製品が使われていたかは調査中という。

 神戸製鋼のデータ改竄問題をめぐっては、鉄道ではJRの本州3社(東日本、東海、西日本)で、新幹線の台車や骨組み部分に問題のアルミ製品が含まれていたことが判明している。

「ニュース」のランキング