産経ニュース

【神戸製鋼データ改竄】神鋼製品、車大手が追加調査 不正拡大、発覚1週間 取引先に動揺も

ニュース 経済

記事詳細

更新

【神戸製鋼データ改竄】
神鋼製品、車大手が追加調査 不正拡大、発覚1週間 取引先に動揺も

13日、性能データ改竄問題などで会見し頭を下げる神戸製鋼所の川崎博也会長兼社長。左は勝川四志彦常務執行役員=東京都港区(飯田英男撮影) 13日、性能データ改竄問題などで会見し頭を下げる神戸製鋼所の川崎博也会長兼社長。左は勝川四志彦常務執行役員=東京都港区(飯田英男撮影)

 トヨタ自動車や日産自動車など自動車大手各社が、神戸製鋼所の製品を使った車部品の安全性の追加調査に乗り出したことが16日、分かった。性能データの改竄(かいざん)など不正が発覚した製品が当初のアルミ・銅から、車の主要素材である鉄鋼に広がったため。8日の最初の不正発表から1週間余りたつ中で、品質保証担当者の関わりが判明するなど悪質性も目立つ。株価は4割下落した。国内に約6千社ある取引先にも動揺が広がっている。

 自動車メーカー各社は神戸製鋼の8日の発表を受け、アルミ部材を使ったボンネットやドアの安全性を調べ始めた。だが、その後、特殊鋼や鉄粉など鉄鋼製品でも次々に不正が判明し、神戸製鋼から素材を仕入れて部品に加工する下請け企業も含めて幅広く調査しなければならなくなった。

 ある自動車メーカー幹部は「エンジンや変速機に使われていると影響が心配だ」と懸念する。

「ニュース」のランキング