産経ニュース

【神戸製鋼会見詳報(3完)】不正はBtoB部門に集中「原因の本質がある」「1カ月以内に原因・対策をまとめる」

ニュース 経済

記事詳細

更新

【神戸製鋼会見詳報(3完)】
不正はBtoB部門に集中「原因の本質がある」「1カ月以内に原因・対策をまとめる」

性能データの改竄問題などで会見し、頭を下げる神戸製鋼所の川崎博也会長兼社長。左は勝川四志彦常務執行役員=13日午後、東京都港区(飯田英男撮影) 性能データの改竄問題などで会見し、頭を下げる神戸製鋼所の川崎博也会長兼社長。左は勝川四志彦常務執行役員=13日午後、東京都港区(飯田英男撮影)

 同「取引上の守秘義務があるし、まだ調査が続いている」

 --不正の範囲は広汎だ。神戸製鋼グループ自体に不正を行う土壌があるのではないか

 川崎氏「神戸製鋼グループのビジネスは、鉄鋼もアルミ・銅も『BtoB』、つまり半製品をメーカーに売るビジネスだ。一方で、機械事業の建設機械などは『BtoC』、消費者向けの完成品を売っている。まだ調査中だが、BtoCの部門では不正が起きていない。そこに原因の本質があると思う。深掘りが必要だ」

 --今回の不正に限らず、問題が繰り返されている。企業文化に問題があるのではないか

 川崎氏「風土的なものを感じられるのも仕方ない。繰り返しになるが、1カ月以内に原因・対策をまとめるのでご理解を頂きたい」

 1時間24分の会見を終えた川崎博也会長兼社長ら3人は、再び深々と頭を下げて会場を後にした。

(完)

このニュースの写真

  • 不正はBtoB部門に集中「原因の本質がある」「1カ月以内に原因・対策をまとめる」
  • 不正はBtoB部門に集中「原因の本質がある」「1カ月以内に原因・対策をまとめる」
  • 不正はBtoB部門に集中「原因の本質がある」「1カ月以内に原因・対策をまとめる」

関連ニュース

「ニュース」のランキング