産経ニュース

【神戸製鋼会見詳報(3完)】不正はBtoB部門に集中「原因の本質がある」「1カ月以内に原因・対策をまとめる」

ニュース 経済

記事詳細

更新

【神戸製鋼会見詳報(3完)】
不正はBtoB部門に集中「原因の本質がある」「1カ月以内に原因・対策をまとめる」

性能データの改竄問題などで会見し、頭を下げる神戸製鋼所の川崎博也会長兼社長。左は勝川四志彦常務執行役員=13日午後、東京都港区(飯田英男撮影) 性能データの改竄問題などで会見し、頭を下げる神戸製鋼所の川崎博也会長兼社長。左は勝川四志彦常務執行役員=13日午後、東京都港区(飯田英男撮影)

 川崎氏「ないとはいえない。上からは指示していないが、お客さんのニーズに対する生産工程余力、検査行程の自動化などが十分だったのか、現在そこを調べている」

 --株価でみると神鋼の企業価値は4割低下した。現経営陣に回復できるのか

 川崎氏「そう信じて、足元の原因分析と対策の精度を高めたい」

 --鋼線などは「安全性に問題ない」との説明だが

 勝川四志彦常務執行役員「納入先からそういうお話を頂いている。その他の製品についてはまだ、そういうお話を頂いていないという整理だ」

 内山修造ものづくり推進部長「改竄前の生データを顧客に提供し、確認を進めている」

 川崎氏「生データで顧客に判断していただいている」

 --海外自動車メーカーにも製品を納入している。ユーザーの不安を解消する責任をどう考える

 勝川常務執行役員「顧客(納入先)と協力しながら、必要なデータを提供して確認している。当社はサプライチェーンのもっとも上流に位置しており、製品が複雑な加工を経てどんな形で最終消費者に渡っているか、すべて把握するのは難しい。顧客と相談しないと確認できない」

 --どのメーカーに納入しているのか、公表できないのか

続きを読む

このニュースの写真

  • 不正はBtoB部門に集中「原因の本質がある」「1カ月以内に原因・対策をまとめる」
  • 不正はBtoB部門に集中「原因の本質がある」「1カ月以内に原因・対策をまとめる」
  • 不正はBtoB部門に集中「原因の本質がある」「1カ月以内に原因・対策をまとめる」

関連ニュース

「ニュース」のランキング