産経ニュース

米大統領選へのロシア介入疑惑、「ポケモンGO」を悪用 人種差別問題あおる目的か

ニュース 経済

記事詳細

更新


米大統領選へのロシア介入疑惑、「ポケモンGO」を悪用 人種差別問題あおる目的か

米サンフランシスコで、「ポケモンGO」で遊ぶ人たち=2016年7月(AP=共同) 米サンフランシスコで、「ポケモンGO」で遊ぶ人たち=2016年7月(AP=共同)

 【ワシントン=塩原永久】ロシアによる昨年の米大統領選介入疑惑で、米CNNテレビは12日、露当局と関係がある企業が、米国内で人種差別問題をあおるため、スマートフォン向け人気ゲーム「ポケモンGO(ゴー)」を悪用した可能性があると報じた。

 この企業は昨年7月、SNS(交流サイト)を通じてポケモンGOを使ったコンテストを開催。2014年にニューヨークで黒人男性が、白人警察官に首を絞められる格好で押さえつけられ死亡した現場周辺で、キャラクターを見つければギフトカードがもらえると呼びかけていた。

 キャラクターには、米国内で続発していた、警官に暴行、射殺されるなどした黒人被害者の名前をつけるよう促されていた。実際にコンテストに参加した人がいたかどうかは不明。

 大統領選介入疑惑をめぐっては、これまでにツイッターやフェイスブックなどに米国内の対立をあおる広告などが掲載されていたことが判明し、米議会が調査に乗り出している。

 「ポケモンGO」を開発した米ナイアンティックはCNNに対し、「ゲームが許可なく悪用された」とコメントした。

「ニュース」のランキング