産経ニュース

ノルウェーが大型EVに課税 来年1月、小型購入を促進

ニュース 経済

記事詳細

更新


ノルウェーが大型EVに課税 来年1月、小型購入を促進

 ノルウェー政府は12日、車両重量が2千キロを超える電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド車(PHV)を対象に、新たに税金を課すと発表した。小型車の購入を促すのが狙いで、来年1月から実施したい考えだ。重量が2250キロの車の場合、3万5900クローネ(約51万円)が課される。ノルウェーでは2016年にEVとPHVの販売が新車全体の29%を占め普及が進んでいるが、販売ペースが鈍る可能性もある。

 EVやPHVは富裕層の所有が比較的多いが、政府が多額の購入補助金を負担していることに反発が出ている。米電気自動車メーカー、テスラのスポーツタイプ多目的車(SUV)「モデルX」などは大型で、課税対象となるため、地元ではテスラ車を狙った「テスラ税」との見方もある。日産自動車が9月に発表したEVの新型「リーフ」は約1500キロで課税されないという。(共同)

「ニュース」のランキング