産経ニュース

東京海上日動、大型倉庫業者に火災リスクを診断・助言 今月下旬から

ニュース 経済

記事詳細

更新


東京海上日動、大型倉庫業者に火災リスクを診断・助言 今月下旬から

東京海上日動火災の本社ビル=東京都千代田区(寺河内美奈撮影) 東京海上日動火災の本社ビル=東京都千代田区(寺河内美奈撮影)

 ただ、倉庫火災の発生頻度は低くはない。消防白書によると、平成27年には計502件の火災が発生しており、飲食店(536件)とほぼ同水準。保管されている商品によっては被害も大きく、アスクルの火災では112億円に上った。

 一方で、倉庫の需要は景気拡大やインターネット通販などの普及で近年増加。国土交通省の調べでは、新規着工した倉庫の延べ床面積は6年連続で増えている。このため東京海上は、成長市場で事業を強化し、主力の保険商品への移行も促したい考えだ。

「ニュース」のランキング