産経ニュース

ビール類出荷、13年連続減 1~9月、天候や値上げで 

ニュース 経済

記事詳細

更新


ビール類出荷、13年連続減 1~9月、天候や値上げで 

飲食店でビールを注ぐ店員=東京都墨田区 飲食店でビールを注ぐ店員=東京都墨田区

 ビール大手5社が12日発表した発泡酒などを含むビール類の1~9月の出荷量は、前年同期比2.4%減の2億9576万ケース(1ケースは大瓶20本換算)で13年連続で減少した。出荷量は統計を開始した平成4年以降で過去最低。夏場の天候不順に加え、6月からの安売り規制の強化に伴う値上げが影響した。

 内訳は、ビールが2.5%減の1億4779万ケース、発泡酒は4.2%減の4069万ケース、「第3のビール」は1.5%減の1億727万ケース。最需要期の夏場を含む7~9月の出荷量は4.2%減で、天候不順によりビアガーデンなどの飲食店向けが不調だった。

 一方、アサヒグループホールディングスは12日、資本提携先の中国ビール大手、青島ビールの株式を売却する検討を始めたと発表した。保有する約2割の全てか一部を手放し、重点地域に位置付ける欧州事業に力を注ぐ方針。

「ニュース」のランキング