産経ニュース

EUの銀行同盟、2018年創設目指す 金融危機の預金保護ルール、反対の独に配慮

ニュース 経済

記事詳細

更新


EUの銀行同盟、2018年創設目指す 金融危機の預金保護ルール、反対の独に配慮

 欧州連合(EU)の行政執行機関に当たる欧州委員会は11日、ユーロ圏の将来の金融危機に備える「銀行同盟」を2018年までに創設できるよう欧州議会と加盟国に要請した。銀行が破綻した際の預金保護の共通化に関し、反対するドイツなどに配慮した仕組みを提案した。

 銀行同盟を巡っては14年11月に銀行の監督、16年1月に銀行の破綻処理をそれぞれ一元化。ただ、3本柱の最後の一つである預金保険制度の議論が進んでいない。ドイツや北欧諸国が、経営基盤が弱い南欧の銀行の破綻時に自国の預金者が積み上げた保険金を使うことに反発しているためだ。

 このため欧州委は、保険金は初期段階の措置として破綻した銀行を抱える国が負担する保険金の不足分を融資し、後に他の国が返済を受ける案を提案。他の国に損失が生じないようにした。(共同)

「ニュース」のランキング