産経ニュース

G20が12日に開幕 日本は基礎的財政収支黒字化の先送りを説明理解求める

ニュース 経済

記事詳細

更新


G20が12日に開幕 日本は基礎的財政収支黒字化の先送りを説明理解求める

 20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議が12~13日、米ワシントンで開かれる。日本は、安倍晋三首相が表明した基礎的財政収支(PB)の2020(平成32)年度の黒字化目標を先送りする方針を各国に説明する。引き続き財政健全化を目指す姿勢を示し、国際社会での理解を求める。

 G20はリーマン・ショック後の景気対策で悪化した各国の財政を立て直すため、2010年6月のカナダでの首脳会合で先進国が13年までに財政赤字を半減させる目標を決めている。

 財政状況が特に厳しい日本は例外扱いとされ、代わりに基礎的財政収支の赤字額の国内総生産(GDP)比を15年度までに半減させた上で、20年度までに黒字化する目標が事実上の国際公約となっていた。

 今回の会議では、欧米が金融緩和策を縮小する流れの中で、新興国の金融市場への影響や対応策を中心に協議する。北朝鮮情勢など地政学的なリスクのほか、国際通貨基金(IMF)加盟国の出資割当額の改革や、グローバル企業による課税逃れ対策などについても話し合われる見通し。

 ただ、7月にドイツ・ハンブルクでG20首脳会合が開かれて間もないため、共同声明を出さない予定だ。

 日本からは、麻生太郎財務相が衆院選対応のため欠席するため、代理の浅川雅嗣財務官と黒田東彦日銀総裁が出席する。麻生氏は、16日にワシントンで予定するペンス副大統領との日米経済対話の第2回会合には出席する。

「ニュース」のランキング