産経ニュース

東芝メモリ「上場は3年後めど」 日米韓連合のベインキャピタルが会見

ニュース 経済

記事詳細

更新


東芝メモリ「上場は3年後めど」 日米韓連合のベインキャピタルが会見

 東芝は、協業先の米ウエスタンデジタル(WD)から国際仲裁裁判所に売却差し止めの訴訟を起こされており、裁判所の判断次第では売却手続きが止まる恐れがある。杉本代表は「WDはこれまでも共に成長してた重要なパートナーで、今後このかかわり方に変わりはない」と述べ、「しっかり対話し、早期和解を目指したい」と語った。

 日米韓連合の買収額は2兆円。ベインに加え米アップルなどIT4社が参画し、東芝とHOYAなど日本勢が議決権の過半を握る。東芝が上場を維持するには来年3月末までに売却を完了させる必要がある。

「ニュース」のランキング