産経ニュース

【衆院選】連合定期大会が開会 神津里季生会長「支持政党は衆院選後に議論」

ニュース 経済

記事詳細

更新

【衆院選】
連合定期大会が開会 神津里季生会長「支持政党は衆院選後に議論」

連合の定期大会であいさつする神津里季生会長=4日午前、東京都千代田区 連合の定期大会であいさつする神津里季生会長=4日午前、東京都千代田区

 連合の定期大会が4日、東京都内で開会した。神津里季生会長は、支持政党の民進党が分裂したことを受け「支持政党との関係のあり方は衆院選後すみやかに議論する」と表明した。5日の中央執行委員会で、今回の衆院選では特定政党を支持せず、推薦を決めた民進党出身者らを個別に支援する方針を決める。

 神津氏は、民進党の前原誠司代表が主導した希望の党への合流について、安倍晋三政権に対抗するための「身を捨てる覚悟を伴った決断」と一定の評価を示した。ただ、希望の党の小池百合子代表(東京都知事)による民進党出身者の「選別」には、「連合の組織内候補らの中には厳しくつらい思いを重ねてきた方が少なくない。極めて遺憾だ」と強い不快感を表明した。

 神津氏は記者団に、衆院選後に決める政党支持方針に関し「応援する議員を通じて見極めたい。私たちの政策を実現してくれる政党かが問題だ」と語った。

 連合は平成11年の大会で支持政党を「民主党基軸」とする方針を確認し、以降は一貫して民主党(現民進党)を支持してきた。衆院選の結果によっては、傘下の産別労組ごとに、希望の党や立憲民主党などの別々の政党を支援する形態に転換する可能性もある。

 大会は2日間で、5日に神津会長が留任する新執行部人事案が承認される。UAゼンセン出身の逢見直人事務局長は会長代行に就任し、後任の事務局長に自動車総連前会長の相原康伸氏が起用される見通しだ。

「ニュース」のランキング