産経ニュース

【歪みの代償 東芝半導体売却(上)】“砂上の楼閣”日米連合、リーダー不在の寄り合い所帯

ニュース 経済

記事詳細

更新

【歪みの代償 東芝半導体売却(上)】
“砂上の楼閣”日米連合、リーダー不在の寄り合い所帯

会見中止を謝罪するベインキャピタルの杉本勇次日本代表=28日、東京都千代田区のパレスホテル(井田通人撮影) 会見中止を謝罪するベインキャピタルの杉本勇次日本代表=28日、東京都千代田区のパレスホテル(井田通人撮影)

 「その誓約書にはサインできません」。WDの新入社員は四日市工場に最初に入る際、東芝メモリの情報セキュリティー誓約書へのサインを求められるが、拒否。生命線となる工場では異常事態が続いている。

 ビジネスで最も大切な信頼が、売却交渉を通じて逆に失われていったのが今の東芝とWDだ。とはいえ、協業の清算は難しい。「切っても切れぬ関係、夫婦だ」と東芝関係者は語る。WDはともかく、実際に工場で協業するWD子会社の米サンディスクと東芝は、設計開発で強固な協業関係を構築し、業界トップの韓国サムスン電子と戦える競争力を保持してきた。

 「事業面の影響を考えるとこのままでは共倒れ。早期に訴訟を和解に持ち込む必要がある」。買収でWDに勝利したベインの関係者はこう気をもむ。ただ、東芝は提訴したWDへの報復措置として、四日市新工場棟への単独投資を決めた。WDに次世代半導体メモリーを販売できなくさせる“兵糧攻め”で譲歩を引き出すのが狙いだ。

続きを読む

このニュースの写真

  • “砂上の楼閣”日米連合、リーダー不在の寄り合い所帯

関連ニュース

「ニュース」のランキング