産経ニュース

【北ミサイル】東京金、一時2年ぶり高値 北朝鮮情勢緊迫化を懸念

ニュース 経済

記事詳細

更新

【北ミサイル】
東京金、一時2年ぶり高値 北朝鮮情勢緊迫化を懸念

 15日の東京商品取引所で、北朝鮮情勢の緊迫化への懸念を背景に有事の安全資産とされる金の先物価格が上昇した。指標価格は一時、1グラム当たり4708円まで値上がりし、取引時間中として平成27年6月以来、約2年3カ月ぶりの水準を付けた。

 上昇したのは30年8月の現物受け渡しを想定した先物で中心限月と呼ばれる。15日早朝までの夜間取引で高値を更新し、その後の日中取引でもプラス圏で推移している。

 15日午前の北朝鮮の弾道ミサイル発射後は、円相場が円高ドル安に振れる場面があった。円高で円換算した金価格が下がるとの警戒感も出て、上値を追う展開にはなっていない。

「ニュース」のランキング