産経ニュース

「カジノ不要」改めて強調 山下ふ頭再開発で横浜港運協会 世界規模のMICE整備推進

ニュース 経済

記事詳細

更新


「カジノ不要」改めて強調 山下ふ頭再開発で横浜港運協会 世界規模のMICE整備推進

記者会見する横浜港運協会の藤木幸夫会長ら=14日、横浜市(那須慎一撮影) 記者会見する横浜港運協会の藤木幸夫会長ら=14日、横浜市(那須慎一撮影)

 横浜港運協会の藤木幸夫会長は14日、横浜市中区の横浜港湾人倶楽部で記者会見し、改めて「山下ふ頭にカジノはいらない」と強調、市や横浜商工会議所など経済界が誘致を検討しているカジノを含む統合型リゾート施設(IR)ではなく、企業の会議や研修施設、あらゆる文化芸術を上演できる大ホールなどを盛り込んだ世界規模の観光MICE施設を中核に再開発を進めたいとの意向を示した。

 市のIR構想や事業を公募する考えとの方向性の違いから、現在、同協会側は山下ふ頭からの移転・撤退を凍結している。ただ、観光MICE施設の整備に向けた議論を前進させるため速やかに市と協議して、事業概要案を提出したい考えだ。

 藤木会長は「今後はMICEを取り入れた新しい横浜港づくりを進めていきたい」と述べた。同協会では東京ビッグサイトの経済効果が7500億円程度であるのに対し、山下ふ頭は約47ヘクタールという広大な敷地を持つことや立地の強みを生かすことで、「1兆円規模の経済効果を生み出せる」と説明した。

 一方、山下ふ頭の敷地の一部を平成32年春をめどに先行開業して既存の倉庫の活用や仮設の施設を設け、同年の東京五輪・パラリンピック期間前後にイベント開催ができなくなる東京ビッグサイトの展示場機能を一部補完できるよう、市に提案する考えも示した。

続きを読む

「ニュース」のランキング