産経ニュース

埼玉県民なら知っている!「3割うまい」ぎょうざの満洲 売り上げが20年以上も伸びている秘密は

ニュース 経済

記事詳細

更新


埼玉県民なら知っている!「3割うまい」ぎょうざの満洲 売り上げが20年以上も伸びている秘密は

ぎょうざの満洲・鶴ヶ島脚折店 ぎょうざの満洲・鶴ヶ島脚折店

 アイデアが豊富で、会社の精神を従業員に知らせようと、自ら社歌をつくったこともある。2009年4月から、0.5玉のラーメンとギョーザなどを合わせる「ハーフ麺セット(現満洲ラーメン0.5玉と餃子)」を始めたが、「ラーメンと餃子を食べると、ちょっと多かったから」と池野谷社長自身が発案したものだ。

 東京商工リサーチの調査では、埼玉県内の女性社長は1万4000人を超え、全国で5番目に多い。能力が高くて事業意欲のある娘に経営を託す企業が増えているという。そんな2代目社長のもと、今後も力強く伸びていきそうだ。(さいたま総局 池田証志)

■会社概要

▽本社=埼玉県坂戸市にっさい花みず木1-4-1((電)049・288・7100)

▽設立=1972年7月1日

▽資本金=1億円

▽従業員=1854人(2017年7月現在)

▽売上高=約77億円(17年6月期)

▽事業内容=中華料理店の経営・食品製造販売

続きを読む

このニュースの写真

  • 埼玉県民なら知っている!「3割うまい」ぎょうざの満洲 売り上げが20年以上も伸びている秘密は
  • 埼玉県民なら知っている!「3割うまい」ぎょうざの満洲 売り上げが20年以上も伸びている秘密は

「ニュース」のランキング