産経ニュース

J・フロント、“脱百貨店”加速 東京・上野、パルコが入る複合施設を11月開業

ニュース 経済

記事詳細

更新


J・フロント、“脱百貨店”加速 東京・上野、パルコが入る複合施設を11月開業

11月に開業する上野フロンティアタワーの外観イメージ 11月に開業する上野フロンティアタワーの外観イメージ

 大丸と松坂屋を運営するJ・フロントリテイリングは14日、松坂屋上野店南館(東京都台東区)の跡地に複合商業施設「上野フロンティアタワー」を11月4日に開業すると発表した。子会社でファッションビルを展開するパルコやTOHOシネマズの映画館などが入り、上層階は賃貸オフィスとなる。賃料を収入の柱として、“脱百貨店”の事業モデルを鮮明に打ち出す。

 上野フロンティアタワーは、旧南館跡地に3年かけて建設。地下2階地上23階建て、延べ床面積約4万1千平方メートルで、百貨店フロアは本館と接続する地下1階のみ。地上1~6階にパルコ、7~10階に8スクリーンのTOHOの映画館が入る。12~22階のオフィスは既に満室という。

 旧セゾングループの一員だったパルコは、5年前にJフロント傘下に入って以来、初の大型出店。ファッションや雑貨、飲食店など68のテナントが入り、主に30~50代を狙う。上野は映画館の“空白地帯”となって久しく、TOHOは14年ぶりの再進出。

 Jフロントが百貨店から専門店などの集まる複合商業施設へとかじを切るのは、自前で売り場を作る旧来の事業モデルでは成長が難しいためだ。昨年の全国百貨店売上高は6兆円を割り込み、ピークだった平成3年と比べ約4割も縮小している。

続きを読む

このニュースの写真

  • J・フロント、“脱百貨店”加速 東京・上野、パルコが入る複合施設を11月開業

「ニュース」のランキング