産経ニュース

マツダ、新型SUV「CX-8」投入で小飼雅道社長「新市場の創造に挑戦」

ニュース 経済

記事詳細

更新


マツダ、新型SUV「CX-8」投入で小飼雅道社長「新市場の創造に挑戦」

マツダが発表した新型「MAZDA CX-8」=14日午後、東京都港区(納冨康撮影) マツダが発表した新型「MAZDA CX-8」=14日午後、東京都港区(納冨康撮影)

 マツダが最大7人乗りの新型SUV「CX-8」を投入するのは、国内市場でミニバンからSUVに乗り換える動きが広がりつつあるためだ。今年1~6月の登録車の車名別新車販売でも、SUVは上位30車種に5車種が食い込んだ。室内空間の広さを優先したミニバンよりデザイン重視のSUVの人気は今後さらに高まるとみられ、マツダは多人数で乗車できるSUVの需要が見込めると判断した。

 「ミニバンに代わる新たな市場の創造に挑戦する」。小飼雅道社長は、14日のCX-8の発表会でこうアピールした。

 マツダは平成29年度中にミニバンから撤退する。現在展開する「ビアンテ」は9月中、「プレマシー」は年度内に生産を終える予定だ。撤退するミニバンに代わる多人数モデルとして設定したのがCX-8で、既存のミニバン所有者の需要を掘り起こす狙いがある。

 マツダが、ミニバン撤退を決断した背景にあるのが国内市場のトレンドの変化だ。市場を引っ張ってきたミニバンの販売はここ数年、年間75万~80万台程度で頭打ちなのに対し、SUVは平成28年(1~12月)に約37万5千台と、25年の1.6倍に膨らんだ。

 SUVへのシフトが進む中で「多人数乗りもできて、1人でも運転を楽しめる3列タイプを求める声が非常に強かった」と小飼社長。2年発売の「MPV」でミニバン市場を切り開いたマツダがCX-8で再び新市場創出に挑む。

(今井裕治)

「ニュース」のランキング