産経ニュース

【プロが指南 就活の極意】成功のキーワード「相手の立場になって考える」

ニュース 経済

記事詳細

更新

【プロが指南 就活の極意】
成功のキーワード「相手の立場になって考える」

リクルートスーツを着て就職活動を行う人たち リクルートスーツを着て就職活動を行う人たち

 誰もが幼少期に「相手の立場になって行動しなさい」と言われたことがあると思います。そして、友人関係やアルバイト先で「これをしたら相手が喜んでくれるのではないか」「これをされたら相手が嫌な思いをするのではないか」と考えながら過ごしていることでしょう。この「相手の立場になって行動する」というのは就職活動においても大切です。なぜなら就職活動には「採用」を決定する企業の“人”が存在し、その人のことを考えながら臨んだ方がよい結果が得られると考えるからです。しかし、学生は企業の採用側と接点があまりないものです。そこで今回は就職活動で避けては通れないエントリーシート(ES)と面接を例に挙げ、採用する“企業側”の多くが学生に「このようなことをしてほしい」と考えていることをご紹介します。

【ESの場合】

 基本的なことかもしれませんが、記入枠は隙間なく埋め、文字数指定されている場合は文章を9.5割書くようにしましょう。それだけでも企業に「やる気」が伝わります。

 また、ESは余裕を持って出すことを心掛けてください。企業側からすると締め切りやその直前には大量のESが届きます。そのため、学生のESをじっくり読むことは不可能です。学歴だけで合否を判断されてしまう可能性があります。このような状況を避けるため、そして、企業に自分自身を伝えるためにESは早めに提出してください。

続きを読む

「ニュース」のランキング