産経ニュース

ニュース 経済

記事詳細

更新


iPhone 8/8 Plus/Xのカメラは何が変わったのか

iPhone 8のカメラ iPhone 8のカメラ

 「iPhone 8」と「iPhone 8 Plus」、そして「iPhone X」。新しく発表された3機種のカメラ機能を分かる範囲でチェックしていこう。(荻窪圭)

iPhone8と8 Plusのイメージセンサーは新しくなった

 まずはiPhone 8編。

 アウトカメラの画素数は1200万画素(12M)と変わらないが、イメージセンサーは新しいものに進化。「より大きくより高速な」新型センサーと新しい信号処理(デジカメ的にいえば、画像処理エンジンが新しくなったというとこか)で、暗いところでのオートフォーカスが速くなり、ノイズも減ったといっている。

 試してみないと何ともいえないが、被写体を解析して最適なセッティングで撮ってくれるようになったらしいのでそこは期待したい。センサーが高速になったといっているので、ローリングシャッターゆがみ(高速な被写体を撮ったときに発生するゆがみ)も軽減してるかも。

 それ以外のスペックは同じだ。レンズはF1.8と明るさは変わらず。恐らく画角も同じだろう。

 iPhone 8 Plusは7 Plusと同様、デュアルカメラ。望遠側はF2.8と変わらず。7 Plusは広角側だけに手ブレ補正が入っていたが、8 Plusも同じ。

 8 Plusではデュアルカメラを使って背景をぼかすポートレートモードもよりシャープに背景はより自然にボケるようになった。

続きを読む

このニュースの写真

  • iPhone 8/8 Plus/Xのカメラは何が変わったのか
  • iPhone 8/8 Plus/Xのカメラは何が変わったのか
  • iPhone 8/8 Plus/Xのカメラは何が変わったのか
  • iPhone 8/8 Plus/Xのカメラは何が変わったのか
  • iPhone 8/8 Plus/Xのカメラは何が変わったのか
  • iPhone 8/8 Plus/Xのカメラは何が変わったのか

関連ニュース

「ニュース」のランキング