産経ニュース

伊勢丹松戸店、来年早期の撤退が濃厚 市議会委 フロア10年間賃借認めず

ニュース 経済

記事詳細

更新


伊勢丹松戸店、来年早期の撤退が濃厚 市議会委 フロア10年間賃借認めず

 JR松戸駅西口のデパート伊勢丹松戸店の存続問題で、松戸市議会の総務財務常任委員会は7日、同店一部フロアへの市施設入居で10年間賃料の支払いを続ける「債務負担行為」を認めないことを決めた。同店の存続は、市が4階の一部を10年間賃借することが条件とされ、この前提が崩れたことで同店は来年の早い時期に撤退することが濃厚になった。

 この日の同委では、同店への入居に関連する予算など盛り込んだ市の一般会計補正予算案を審議。委員から「特定企業への事実上の支援はおかしい」「経済効果が不明確」などと異論がが相次いだ。採決の結果、同店に関する部分を削除、修正した上で同予算案を全会一致で可決した。

 市によると、同店の一部フロア賃借をめぐっては、同店を運営する三越伊勢丹ホールディングス(HD)側から市側に提案があり、市側が10年間借りて5階以上は閉鎖することを柱としたスキームが同店存続の前提だった。その上で、同HD側は今秋中の回答を求めていたという。25日の同市議会本会議でこの日の委員会決定が覆る余地は残るものの、契約の締結は困難で前提は崩れ、同店の撤退は極めて現実味を帯びる形となった。

続きを読む

関連ニュース

「ニュース」のランキング