産経ニュース

ニュース 経済

記事詳細

更新


何が必要か 具体的に想像して備えよう 防災グッズ

防災士がセレクトした非常用持ち出し袋。何を揃えればいいか迷っている人にぴったり 防災士がセレクトした非常用持ち出し袋。何を揃えればいいか迷っている人にぴったり

9月1日は「防災の日」。大正12年の関東大震災の発生日にちなみ、昭和35年に制定されました。それ以降も、日本列島は幾度となく地震や津波、台風などの大災害に見舞われ、そう遠くない将来には首都直下型地震や南海・東南海地震なども起こるといわれています。産経ネットショップではたくさんの防災グッズを取り揃えています。あなたの備えは十分ですか?<産経netshop>

NPO法人「日本防災士会」参与の半田亜季子さんは「自分の住んでいる環境を踏まえて、どんな災害が起きたら、どういう状況になる可能性が高いのか、それを想像しながら必要なものを準備してほしい」と指摘します。

 住んでいる環境次第で、学校などに避難せざるを得ない人もいれば、電気、ガス、水道が止まったままでも自宅で過ごす人もいます。車の中での生活を選択する人もいるでしょう。それ次第で必要なものはずいぶんと変わってきます。

とはいえ、何を揃えればいいか分からないという人に、最も手軽なのが様々なグッズをまとめた非常用持ち出し袋です。産経ネットショップでは防災士がセレクトした2種類のセットを用意しています。

防災特集(産経netShop)

続きを読む

このニュースの写真

  • 何が必要か 具体的に想像して備えよう 防災グッズ
  • 何が必要か 具体的に想像して備えよう 防災グッズ
  • 何が必要か 具体的に想像して備えよう 防災グッズ

「ニュース」のランキング