産経ニュース

【東芝危機】東芝が取締役会を開催、メモリ売却先決定は先送りへ

ニュース 経済

記事詳細

更新

【東芝危機】
東芝が取締役会を開催、メモリ売却先決定は先送りへ

東京都港区芝浦の東芝本社(宮崎瑞穂撮影) 東京都港区芝浦の東芝本社(宮崎瑞穂撮影)

 東芝は31日午前、取締役会を開いた。半導体子会社「東芝メモリ」について、8月中の売却先を決定を目指し、同日の取締役会で、米ウエスタン・デジタル(WD)陣営に選定するとみられていた。だが、詳細を詰め切れていないことに加え、当初の優先交渉先の「日米韓連合」から新提案が出され、これを精査する必要も出てきたことから、売却先の決定は31日時点では先送りするもようで、売却交渉はさらに長期化する。

 東芝メモリの売却先については、主要取引銀行が、8月末までに決定することを東芝に求めていた。これを受け、東芝とWDはトップ会談を行い、WD陣営を売却先にすることで、大筋合意に達した。だが、将来的な経営主導権をめぐって、WDが出資比率を引き上げる時期などで、意見が対立し、交渉、調整を続けてきた。

 取締役会では、綱川智社長がWDのスティーブ・ミリガン最高経営責任者(CEO)との交渉内容を説明。訴訟合戦の影響で東芝メモリ内にはWDに対する警戒感が強く、懸念をどう払拭するかを協議。

続きを読む

「ニュース」のランキング