産経ニュース

サーベラスが全西武株を売却 出資11年、経営陣と対立も

ニュース 経済

記事詳細

更新


サーベラスが全西武株を売却 出資11年、経営陣と対立も

 米投資会社サーベラスが、保有する西武ホールディングス(HD)の株式を10日付で全て売却したことが分かった。西武HDが16日発表した。一時は発行済み株式の35%超を握り、球団保有などを巡って西武の経営陣と鋭く対立したが、今年5月に提出された報告書では持ち株比率が2・35%に低下していた。出資から約11年半で完全撤退し、西武HDの経営に区切りが付く。

 西武グループは有価証券報告書の虚偽記載問題で経営再建を迫られ、サーベラスは2006年2月に発足した西武HDに約30%を出資した。13年には株式公開買い付け(TOB)に踏み切って出資比率を高め、不採算の鉄道路線やプロ野球・西武ライオンズの保有などを問題視し、経営陣と関係がこじれた。だが14年4月の西武HD上場後は投資回収に動き、今月10日にかけて全ての株式を手放したという。

 西武HDの後藤高志社長は「サーベラスとは一時緊張が高まった」と認めながらも「約11年半にわたるサポートに感謝している」とのコメントを発表した。

「ニュース」のランキング