産経ニュース

「島根にパソコンなんてあるわけない」夏に検索が増えるワケ 県は「盛り上がるきっかけになれば」

ニュース 経済

記事詳細

更新


「島根にパソコンなんてあるわけない」夏に検索が増えるワケ 県は「盛り上がるきっかけになれば」

島根県出雲市の島根富士通 島根県出雲市の島根富士通

 島根が登場するきっかけは次の通りだ。劇中で、ネットワーク上に出現した敵モンスターを倒すために、ネット接続されたPCが必要となる場面が出てくる。しかし、東京都内に住む主人公たちがその時に滞在していたのは、島根県にある祖父母の家。

 電脳世界に接続するため、ネットに通じるPCを探して島根の片田舎を走り回るが、なかなか見つからない。そこで「島根にパソコンなんてあるわけないじゃん!」とぼやくシーンがあるのだ。他にも「おばあちゃんちだから、パソコンなんて無いよ」「無いよなぁ……島根だから」「島根にだってパソコンくらいあるだろ!」--など、島根に絡めたせりふが多数登場する。

 映画が公開された17年前は、まだ「Windows XP」も登場していない時代だ。総務省が公開した情報通信白書(平成26年版)によれば、映画を製作していた1999年当時のPC普及率(世帯)は日本全体で37.7%と、島根県どころか全国でも普及していない。PCを持っている家庭のほうが珍しい時代だったのだ。ちなみに2015年末時点では76.8%となっている(出典:平成28年度版 情報通信白書)。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「島根にパソコンなんてあるわけない」夏に検索が増えるワケ 県は「盛り上がるきっかけになれば」
  • 「島根にパソコンなんてあるわけない」夏に検索が増えるワケ 県は「盛り上がるきっかけになれば」
  • 「島根にパソコンなんてあるわけない」夏に検索が増えるワケ 県は「盛り上がるきっかけになれば」
  • 「島根にパソコンなんてあるわけない」夏に検索が増えるワケ 県は「盛り上がるきっかけになれば」

関連ニュース

「ニュース」のランキング