産経ニュース

JR東日本などが英鉄道事業の運営権を取得 海外事業の拡大に弾み

ニュース 経済

記事詳細

更新


JR東日本などが英鉄道事業の運営権を取得 海外事業の拡大に弾み

 JR東日本と三井物産は10日、オランダ国鉄の英子会社と組み、英国の鉄道事業の運営権を取得したと発表した。JR東が海外の鉄道運営に参画するのは初めてで、課題である海外事業の拡大に弾みをつけたい考えだ。

 12月から事業を始め、期間は約10年の予定。首都ロンドンとリバプールを結ぶ長距離路線と、バーミンガムの都市圏輸送を担う。

 三井物産は、今年1月に別の英鉄道事業の運営権の一部も取得しており、海外で鉄道事業の拡大を図る。

 英国では、運輸省による競争入札で、地域の鉄道路線の運営事業者が8~10年ごとに決められている。

 JR東など3社連合は、新車両投入による輸送力の向上やサービス改善などで効率運営に貢献できると提案。現在の運営権を持つ英仏企業の合弁会社に競り勝った。

「ニュース」のランキング